協議、調停で合意できなければ次は裁判で離婚を求めることになります。認められるには理由が必要です。

みんなの意見 こんな時離婚を考える
みんなの意見 こんな時離婚を考える

破綻主義になりつつある裁判離婚

協議、調停での話し合いを経ても尚離婚に合意できなかった場合、それでも離婚したい側は裁判を起こすしかありません。仮に裁判で認められれば裁判離婚が成立します。裁判にまで発展するのはどちらか片方が離婚を頑なに拒否しているケースがほとんどです。二人の合意のみで婚姻できるのと同様に、離婚も二人の合意があるのが原則です。それをどちらかが拒否しているのに裁判で強制的に離婚させるには、相応の理由が必要です。このため調停が成立しなくても裁判を起こすことを躊躇う人はたくさんいます。但しどちらかが裁判まで起こして離婚したいと思っている以上、夫婦としては破綻しているということは裁判所も分かっています。そのため裁判になると裁判官が強く和解を勧めるのが一般的です。つまり判決まで持っていくとなると離婚させるだけの充分な理由はないが、話し合いで応じたらどうですか、というわけです。離婚したい側にとって、理由がなくても裁判を起こすだけの価値はあります。

法律で認められている離婚理由とは、不貞、悪意の遺棄、3年以上の生死不明、回復の見込みのない精神病、その他婚姻を継続しがたい重大な理由、この5つです。5つめの婚姻を継続しがたい重大な理由とは性格の不一致や親族との不仲など、幅広い事柄があてはまります。かつては法律婚を重視し、片方が拒否している状態で離婚判決が出ることは稀でしたが、近年では破綻主義の傾向が強く、認められやすくなっています。そもそも全体の1%にも満たない裁判離婚にまで発展する夫婦は修復不可能だと私も思います。

離婚のおすすめブックマーク

Copyright (C)2017みんなの意見 こんな時離婚を考える.All rights reserved.